イラストを仕事にしよう!@つくっく

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【営業】イラスト持ち込みのトコトコ(飯田橋・市ヶ谷)

昨日3月2日(金)、久しぶりに持ち込みに言ってきました。
新規ではなく、過去に行ったことのあるところ。

1週間前に飯田橋のI出版社にアポイントを取り、同じ日に近い市ヶ谷のK出版社にもアポイントを取りました。このエリア、けっこう出版社は集まっているようです。

↓今までの持ち込み記録はこちら

イラストの持ち込みのトコトコまとめ



★K出版社(幼児教育)@市ヶ谷

今まで持ち込みで遅刻したことなかったけど、電車の遅れで12分遅刻。20~30分前には到着しているよう電車の時間を見ないとですね。反省

まだ若い(20代?)編集者さん。

新作2ページ分(6点)、新しい仕事1ページ(4点)、新しいプロフィールページ2ページをお渡ししました。

私はポートフォリオは、写真のようなバインダー式のクリアファイルを使っています。
追加でお渡し&郵送するときは、クリアファイルにページをいれ、
「作品ファイルにはさんでください」と、ペラで渡しています。

photo:02



作品についてはあまりお話しせず、質問がメインになりました。
社内のこともあるので、ブログでみなお話はできないですが・・・

「今は、幼児教育はキャラクター、雑貨系にみななってしまって。雑貨系の持ち込みがあっても、もうたくさんという感じです。今、新しいものを模索しているんです。」

プロフィールや居酒屋の絵を見て、
「水墨画って、描く人珍しいですね。新しいかも。」
「4月から、水墨画を学び直そうと思っているんです。」
「水墨画作品ができたら、ぜひ持ってきてくださいね。」

それから、今とても素敵だなあと気になっている、女性イラストレーターのサイトをスマホで見せてみました。電車の中で質問を考えているとき、気にかかったのです。

「彼女ですね。あ、ここでも使っていますよ。個性的ですよね。かわいいと思って」

すぐに手元の教材をめくると、彼女の絵。そのイラストレーターさん、すでにここで活躍中でした。3年くらい前に持ち込みにきたとか。

今やはり雑貨系イラストってブームで、ガールズイラストもブームがきているみたい。思ったことなのだけど、「こういうイラストはやっているし、いいな」と追随して、自分のイラストを変えていくと、遅いとすっかりブームの去った絵になってしまう、いらない、という事態が起こりそう。ただ、ブームにすぐに乗れた場合には、需要はあるとは思う。(ただ、もう50番手以下だろうけど)当たり前のことかな??

イラストは新しさを取り入れていくのが大事というけど、水墨画が新しいという見方もあるのね。
水墨画作品をまた持っていってみよう。(また来てね、といわれると行きやすい

★I出版(子供の雑誌編集部)@飯田橋

何度もお会いしている男性の編集者さん。
物語担当者のかたにもお会いできるようお願いしたのですが、用事だったようです。

プロフィールページを面白そうに見ていました。

新しい物語を持ち込みました。
1500字の短編物語です。

「いいですね。不思議な感じで。僕はいいと思いますよ。」
表記の一カ所は気になるが、あとはいいと
預かりになり、担当の方にまわしてくださるそうです。
(ちなみに、没になると、戻されて持ち帰りになります・・・

物語のページが採用になると、多分イラストの方も頼まれることになります。

物語、お話などを掲載している媒体や出版社について質問してみました。
他の出版社についてきくのは、NGなようで、時々編集者の方から他社をすすめられることもあります。時々、他の出版社にコネを持っていることもあるんです。
NGか、そうでないかはよく分かりませんが、何度も会っている編集者なのでお聞きしました。

いくつか教えていただき、物語単行本や絵本の出版に関しても話も。今、お金にはならない部署なのですね。
物語で身を立てる気はありませんが、文章をかくことがとても好きなので、短編のストーリーをまとめてみることから、時間を作って書いています。



営業の時には、営業先の美味しい店を調べていくというのをエサに。
飯田橋は特に神楽坂エリアで名店がたくさんありますからね~

「とりしん」というサムゲタンを名物にしている飯田橋のお店に。
サムゲタンは高いので頼まなかったけど、ランチセット。

photo:01


鶏にこだわりのある店なんだなっと分かる、美味しい鶏肉でした。ボリュームたっぷり。入り口はおじさんのお店?と思ったけど、女性もたくさんいました。




★駆け出しのためのイラストレーターセミナー★

セミナーでは、持ち込み先に電話をかけるところからシミュレーションをしています。
会ってくれる出版社リストもプレゼント








★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
イラストギャラリーもご覧くださいね。
「アトリエつくっく」
http://tsukunet.net

こちらのブログでは、プライベート・美術館や街カフェ、
うちカフェなどの記事を書いています。
「二子玉川幸せいき切符☆」
http://ameblo.jp/museumcafe/

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

| 【イラスト営業】持ち込み | 10:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT