イラストを仕事にしよう!@つくっく

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

エズ訪問とモナコ

ニース滞在も最終日・・・。明日からパリに行き、16日から飛行機に乗って17日に成田に帰ってきます。天気がよく、真っ青な空。

11月11日はフランスの祝日です。鷲ノ巣村エズとモナコに日帰りで行ってきます。

エズへはモナコ行きのバスの途中にあるみたいです。
「鷲ノ巣村」と呼ばれ、敵の侵入を防ぐために、下から見えない高い場所に作られた村だそうです。

 ニース~モナコ~マントンをつなぐ100番のバスに。

「Ez駅」という表示の駅で降りてみました。バス停の前のカフェで尋ねると、「エズ村は歩きか、8駅先のバスよ。」とのこと。歩きは1時間半くらい420mを登ります。バス停に行くと、1時間に1本の82番バスは確かに8駅先、「EZ village」に停まります。でも30分待ち。

「10分に1本のバス。」と行っていたし、違うバス停の名前だった気がして、すぐ来た100番バスで8駅先に行きました。バス停の名前も忘れてしまって、すぐメモすれば良かったな。

 途中下車した8駅先は、ちょっとエズを超えてしまったようです。Cap d'ailと書かれた地域でした。降りると何かの儀式らしくマーチが流れ、テラスから綺麗な景色が見下ろせます。リゾートの別荘地らしく、かわいい美しい建物が、崖にならんでいて、真っ青な空と紺碧の海が見下ろせ、エズではないけど、とても素敵な景色。しばらく歩きました。



 またバスにのり、すぐにモナコに着きました。大きなサンドイッチを昼ご飯に。
歩きで、「切手とコインの博物館」「クラッシックカーコレクション」「大公宮殿」に行きました。

 クラッシックカーコレクション。お金持ちだな~☆レーシングカーも間近に見れます。
父や兄へのお土産にレースっぽいTシャツを買いました。

 大公宮殿は探すのに苦労しました。高台からは、港とそれを囲む高層ビルが見下ろせ、絵葉書みたいな光景が広がります。
高台には大きく豪華な建物がたくさん並び、どれも宮殿に見えてしまいます。
 宮殿はなにげに最初の方で通り過ぎていました。半袖でいいほど天気がよく、暑く、からからののどに、レモンアイスが最高に美味しかったです。

 最後カジノに行こうと思っていましたが、もう夕方、歩きで行けない距離で困ってしまいました。改めてガイドを見ると、パスポートも必要で、エレガントな服装で、と書いてあったのでやめました。

●マントン行きのバス●
 ガイドブックに、「マントン行きのバスは光景が素晴らしい、時間があればバスに乗っていこう。」とあったのですが、本当にめくるめく映画のように、美しい車窓でした。パノラマのように海が広がり、途中曲がりくねる道には、かわいらしい民家、きりたった崖の上に並ぶ赤い屋根の邸宅達、日本にない樹木たち・・・。
 帰りのバスは夕日が落ちる時刻にちょうどあたり、空が紫やピンクにそまり、ラッセンの描く風景のようでした。ニースについてからは、ホームステイ先まで、ゆっくり街の中を歩きながら帰りました。名残惜しいです。最後の日にとてもよいものを見れて幸せでした。
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
イラストギャラリーもご覧くださいね。
「アトリエつくっく」
http://tsukunet.net

こちらのブログでは、プライベート・美術館や街カフェ、
うちカフェなどの記事を書いています。
「二子玉川幸せいき切符☆」
http://ameblo.jp/museumcafe/

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

| ├【旅行記】ニース・パリ・ロンドン旅行 | 14:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT