イラストを仕事にしよう!@つくっく

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
イラストギャラリーもご覧くださいね。
「アトリエつくっく」
http://tsukunet.net

こちらのブログでは、プライベート・美術館や街カフェ、
うちカフェなどの記事を書いています。
「二子玉川幸せいき切符☆」
http://ameblo.jp/museumcafe/

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大変な思いしてエクスのホテルに来たよう・・・(エクス1日目)

 なんだか大変な思いをして、8時にニースを出て、15時半にエクス・アン・プロヴァンスのホテルに着いた。

 朝は徒歩15分ほどの駅まで、試しもあってバスに乗った。いつもと反対と思って反対側に。表示には「23 gareSNCF」と出てる(gareは駅、SNCFは国鉄)。でもなんだか道が変!3駅ほど行って、運転手に「The bus go to the NICE STATION?」と聞くと、「スタ・・・?スタ・・・?」と混乱している。ステーションという英語も分からないらしい。Gareというと、ウィウィといいながら、なにかもごもご言っている。次の駅ですぐに飛び降りた。全く反対方向でそこから30分ほど重い荷物を持って歩いて駅に来た。もしかしたら、そのバスは回って駅にきたのかもしれないけど・・・

 駅では7分ほどカウンターで待ったら発券してくれて、チケットを駅員さんに見せ、無事にTGVに乗れた。2等の席だけどとても快適。食堂車があって、値段も高くなく、カフェのように紅茶やマフィンを飲みながら、流れる美しい景色が見れて、TGVはとても良かった。

1103TGV2
ニース→パリ行きのTGVの食堂車。おしゃれ。

1103tgv.jpg
田園風景が秋色に色づいて・・・ 車窓が美術館の額絵のよう・・・

 エクスアンプロバンスTGV駅から街中まで、15キロも離れており、シャトルバスに乗る。幸いシャトルバスの場所が分かりにくい(端のホームからエレベーターで地下に降りる)ことはネットで予習していたので、シャトルバスはすぐに見つかった。3.60ユーロもして、車掌がいちいちお金を受け渡しするので入り口で行列。シャトルバスのどこで降りるかは分からずどきどきしたけれど、街まで20分とガイドにあったし、20分後くらいに、他の観光客がおりそうだったら降りてみようと思い、その通りになったのでそこまでは問題なかった。12時半ころにエクス街中についた。

 バスターミナルでは、帰りのバスをチェックした。たくさんのバス停があるので、インフォメーションに教えてもらった。お姉さんにフランス語できくと、とても愛想が良かった。南仏では、英語だと、いまいましそうにするインフォメーションの人が多く、たとえ単語の連呼でもフランス語できくと愛想がいいかも・・・。帰り、どうするかな。バスが一番楽そう。ただ本数が少なく、18時の最終バスが無事出ればいいけど。

 それからホテル。・・・なんだけど、ネットのプリントアウトが出来ないから、パソコンに地図を保存し、カメラにも写してきていた。地図がはっきりしない。このくらいかな、と歩いてもそれらしい通りが無い。タクシーを拾えるならいいけど、南仏のタクシーは電話での呼び出しになるらしい。大雨の中、すっかり路頭に迷って、バスターミナル近くのホテルに入ってみた。ホテルなら、英語も通じるだろうし親切だろう。

 なぜか、警察官がたくさんいた。人々がいろいろなことを尋ねている。警察?派出所?
英語のわかる警察のおじさんに、「I lost my way.」と、ホテル名と住所を書いたメモを渡した。

 ホテル検索サイト(hotels.com)には、このホテルは「ショッピング街」「シャルルドゴール広場近隣(←中心広場)」「ミラボー通り近隣(←メイン通り)」とある。だから、表示された地図が間違えてずれていたのではとのんびりかまえたら、本当に遠かった。車?ときかれ、ううんと応えると(フランス語と英語がごっちゃになり、逆に言葉が出ない)No.4のバスで、といわれた。

「ええ~!バス~(汗汗)」No4のバスはすぐにわかったけど、教えてもらったバス停の名前が無かったので、再び警察のところに戻ると、さっきとは違う若い警官が「バスにきいて!」という。なんだか、フランスのインフォメーション関係はみんなアバウトだ。
 もういいや、となかばやけになって、バスの運転手に住所を大きく書いたメモを見せると、降りる駅の一駅前で、大きな声で「Prochain!(次!)」と言ってくれた。

 降りたらこんなところ。真ん中にあるのがバス停。ぽつ~ん。

1103bus.jpg

 絶対「ショッピング街」とか間違えてる!!!
 部屋は非常にきれいで広かった。口コミだとエクスで2番目に人気なのよ・・・車の人には問題ないよね・・・。(バスで4駅くらい、バスターミナルから2キロくらいだからすさまじく遠くはない)
 
 カメラの電池が減っていて、充電器を持ってきたら、違う型だった(><)。予備のカメラのほうだった。ニースにはあるけど、昨日は疲れていてぼんやりしてたなあ。アルルの「ゴッホの跳ね橋」と「星降るテラス」のカフェだけは撮りたいなあ。大事に使おう。
 ホテルにも近隣にもレストラン無しと・・・。ピザの宅配が頼めるのみ。
オレンジジュースでしのぐ・・・だから少しやせて~。

 明日は14時からアルルへのツアー。早寝して早起きして、午前中市内観光して戻って来よう。
あさってはバスの本数も少ないけど計画して、ホテルに荷物を預けて、観光かな。
このエクス旅、カメラも観光も、しっかり計画していかないとね。
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
イラストギャラリーもご覧くださいね。
「アトリエつくっく」
http://tsukunet.net

こちらのブログでは、プライベート・美術館や街カフェ、
うちカフェなどの記事を書いています。
「二子玉川幸せいき切符☆」
http://ameblo.jp/museumcafe/

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

| ├【旅行記】ニース・パリ・ロンドン旅行 | 01:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。