イラストを仕事にしよう!@つくっく

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

旧市街散策・ニースの街を見下ろす。

今日から11月です。朝顔を洗いに鏡に向かうと、とてもいい顔してる。目がきらきらして輝いてる・・・
11月1日はフランスでは諸聖人の休日という祝日です。

今日はニースの旧市街を散策しようと思う。

●旧市街のレストラン●

「ニース料理」を食べていないので、いいレストランに行くことにしました。
ガイドブックでは旧市街の「アッキャルド」と「メランダ」がおすすめです。
「アッキャルド」はお休みだったので、「メランダ」に。

すごく狭い店内で、メニューは黒板に手書きのフランス語のみ。う、う~ん。

「ブイヤベース」=「魚のスープ」=Soup de Poissonといいます。

Soup au Pistou.これかな?飲み物はあれ、ソフトドリンクないな?
ではverre de vin グラスワインを。あれ?なんか聞いてきた。ではblanc(白)で。あ、OKなの。
頼むとお野菜のスープでした。あらら。でもなかなかほっこりとした味で美味しい。

隣の奥さんの食べている牛肉料理がめっちゃおいしそう。固まり肉で食べてる。
ビーフは3種類ある。辞書を引いて・・・一つは腸?これはパス
あとは「牛肉の蒸し煮プロバンス風」と「牛肉とオレンジの二重奏」。プロバンス風にしてみよう。

1101nice4.jpg

奥さんのと違った。やわらかい牛肉で、さくさくとパイのようになっているポテト?をソースにつけるのがとっても美味しかったよ。料理名はDaube de beauf a la provance.これは、南仏名物料理の一つ「牛肉のドーブ」みたいです。

会計が、ワイン6ユーロ、スープ11ユーロ、牛肉14ユーロで計31ユーロ。ひえ!
一皿12~16ユーロというのは、ニースのレストランでは普通のお値段。ニースは円高のためか物価が安く感じるけど、外食は高くつく。いつも食事は15ユーロ以内ですませてるけど。
ここは現金払いのみ。ガイドで見たので用意しておいた。現金をあまり持ってないいつもだったら困りそう。

日本人向けのフランス料理じゃなくて、フランスのフランス料理という気がする。とてもほっとする味で、後味もさっぱりしていて、毎日でも食べれるようなお料理でした。場所もマセナ広場からすぐなので分かりやすいところ。

La Méranda
4,rue Raoul Bosio TEL なし




●マルシェ●

旧市街で今日は花市をやっています。月曜はアンティーク市。昨日は知っていていかなかったけど、来週は行くぞ。

1101nice1.jpg

青果の方は、12時半で大分なくなっていました。
ニース市内を水彩画で描いている、画家さんの売っている絵もいいなあ。自分で描きたいなあ。

1101nice3.jpg

旧市街の路地。どこをとっても絵になるな。楽しい。



●旧市街を見下ろす●

旧市街の東側、城跡にある丘に登る。エレベーターもあるみたいだけど、階段で。
ここからは写真の連続で。

1101nice2.jpg

1101nice5_20111102144335.jpg

1101nice6.jpg

体力のある人はだんだん景色の変わっていく階段がおすすめ・・・
次々に広がる景色がすばらしすぎて・・・

海にうつる太陽がキラキラ輝いて・・・

幸せだなあ、恵まれているなあ、て感動する。

写真では伝わらない。絵に描きたいけど、これはとても描ききれないかも・・・

天気のいい日にまた来たい。今度は画材も持って。
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
イラストギャラリーもご覧くださいね。
「アトリエつくっく」
http://tsukunet.net

こちらのブログでは、プライベート・美術館や街カフェ、
うちカフェなどの記事を書いています。
「二子玉川幸せいき切符☆」
http://ameblo.jp/museumcafe/

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

| ├【旅行記】ニース・パリ・ロンドン旅行 | 14:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT