イラストを仕事にしよう!@つくっく

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
イラストギャラリーもご覧くださいね。
「アトリエつくっく」
http://tsukunet.net

こちらのブログでは、プライベート・美術館や街カフェ、
うちカフェなどの記事を書いています。
「二子玉川幸せいき切符☆」
http://ameblo.jp/museumcafe/

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【展覧会感想】まぼろしの薩摩切子@サントリー美術館

大学時代の友達Eさんから、美術館のお誘い。
サントリー美術館ということで、
是非着物で行ってみましょう、ということになりました。

先日の結婚式のために正帯の着付けを改めて習ったばかり。

一時間を着付け時間にとったつもりですが・・・
半襟付けを時間に入れていなかったこともありOVER;
帯枕の位置が相変わらず分からない・・・でもなんとか。

Eさんは若草色の初夏らしい着物をきれいに着付けていらっしゃいました。



「一瞬のきらめき まぼろしの薩摩切子」 
サントリー美術館東京ミッドタウン三階、六本木駅出口8より直結、乃木坂駅より3分
2009年3月28日(土)~5月17日(日)

☆展覧会感想

薩摩切子?
江戸切子なら聞いたことがあるけれど?

幕末、1846年に始まり、島津斉興の時代に薩摩の工場でつくられたカットガラスのガラス工芸。
しかし1863年、薩英戦争で工場が破壊されると同時にその文化もはかなく終わりをつげてしまいました。

一見ボヘミヤンガラス?と思うのですが、その器に何を盛るだろうと考えると
やはり日本酒や、じゅんさい、冷奴というものが連想されるところがやはり日本的。

キャビアの乗った玉子豆腐、という感じです。

意外と一番気に入ったのが、とても分厚いガラス板。北海道の小樽の古い建物にはまっていた古いガラスを思い出しました。なんとも味わい深い感じがします。

床に映る影も計算された展示はやはりとても美しいものでした。
あまり込んでいないため、ゆったりと鑑賞ができました。
着物上級者もちらほら。

ミッドタウンの雑貨屋さんにも切子があって、
それと展覧会の中のものと差が分からないので私は目利きじゃないなと感じました(笑)

☆友達とお話していたなかで・・・

最近ばたばたとしていて、友人との交流はそういえば久しぶりな感じ。

「私は今のままでとても幸せなんだけどね。年上の人や、上司が、そんなんじゃだめだ、先を考えろって強く言うんだよね。」
「先のことは、何が起こるかなんて、わかんないもんね。」と、私。
30年前ならともかく、10年後日本が日本なのかもわからない。

「流されるままに、あまり抵抗せず、流されるようにしているんだよね」
「それはそう感じる、それがうまくいくようになるんだと思う」

二十代後半まで、鼻先にニンジン(目標)を自分でぶら下げては、それをクリアしようということを繰り返してきたように思う。学校教育ってそうだしね。でもそのニンジンは自分で決めたもので、実は食べれたところで、決めていたより味わいがなかったりする。
 それより、街を見渡しながら、味わいながら歩いていると、素敵なレストランに出会うかもしれない。入ってみたら、素敵な店主がいて、美味しい料理だけでなく、どういうわけか可愛いデザートまでおまけされて、さらに隣の素敵な雑貨屋さんを紹介してもらえる・・・

人生の流れってそんな今を味わうものなのではないかしら。

ミッドタウンに出れて、綺麗な着物を着て、美味しい料理を食べて、「幸せだよね、恵まれてるよね」て話しながら、でもそういう特別なときだけじゃなくて、どんな対象にも感謝と幸せだなぁと思う気持ちを持っていられればいつだって幸せな気がする。

「前の会社だと、すごくぎらぎらした人が多くて、もっと上に行こうというか、でも私そういう積極性ないんだよね」
「着物に茶道に俳句にいろいろ・・・3ヶ国語ペラペラでさらに他の言語も始めたんじゃ
・・・?好きでやってるだけだよ。
・・・ふっと、あなたの力がほしい人が現れるよ。

「昔はどんどん物が欲しいというビジネスだったけど、今は「捨てる」がブームだし、引き出ものはほとんどカタログだし、余計なものはいらない、ものがない事がいい、という風潮だと思う。」(私)
「車とか持ちたがらないよね。ユニクロが流行っているのも、品質がすごくいいよね。それに形も色もシンプルだから、着回しができて、長く使える」

絵にしても中途半端なのを量産するより、これからは、いいものを描くのが生き残れることなのだろう。

「ずっと年上が恋愛相手だったけど、実は年下もいいかも、て最近思う」おっとりと彼女。
大学時代は大人びた顔立ちを気にしていたけど、
着物姿でダウンライトで鶏料理を食べるEさんは、ちょっと年齢相応の色っぽさで
「何も考えてなんだけどね」といいながら、血の気の多い若者はノックダウンされそうな魅力がありました。
そういうの、大人の余裕なのかしらん

↓15位にあがりました♪いつも応援ありがとうございます。
angelicbotan.gif


月音京子ギャラリー やわらぎアトリエ。優しい気持ちになりたいときに。 

やわらぎアトリエバナー

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村美術217位絵画31です。こちらも応援よろしくお願いします。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
イラストギャラリーもご覧くださいね。
「アトリエつくっく」
http://tsukunet.net

こちらのブログでは、プライベート・美術館や街カフェ、
うちカフェなどの記事を書いています。
「二子玉川幸せいき切符☆」
http://ameblo.jp/museumcafe/

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

| 【展覧会・美術館】展覧会 | 16:21 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

人生観について

興味深いお話をありがとう。つくねさんも、Eさんも(お会いしたことはないのに恐縮ですが)、力んでないですよね。

| くら | 2009/05/01 12:09 | URL | ≫ EDIT

おとといは楽しかったです!
マイペースといわれることが多いけど(苦笑)、無理に流れに抗って動いても疲れるだけで身に入らないしね。自分のバイオリズムを把握してメリハリをつけながら、いつも力まず前向きでいられればなって思ってます。
O美術館、期間中に見に行きます!

| うめ吉 | 2009/05/01 22:20 | URL |

>くらさん

20代あたりはおたがいもっと力んでいたように思います~
日本も一時はアメリカサクセス型を目指していましたが
だんだんもとの日本型に回帰してるかも・・・

| つくね | 2009/05/03 17:13 | URL |

>うめ吉ちゃん

会話内容、気は使ったつもりだけどすこし公表してごめんね。
そうね、疲れるようになったしね(笑)
バイオリズムをみながら、流れに気をつけて前向きにいこうね♡
O美術館、木、土、日にいます。ありがとう。

| つくね | 2009/05/03 17:21 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。