イラストを仕事にしよう!@つくっく

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
イラストギャラリーもご覧くださいね。
「アトリエつくっく」
http://tsukunet.net

こちらのブログでは、プライベート・美術館や街カフェ、
うちカフェなどの記事を書いています。
「二子玉川幸せいき切符☆」
http://ameblo.jp/museumcafe/

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【イラスト展覧会感想】「十二の旅:感性と経験のイギリス美術」@世田美

今回はイラストルポでお送りします~
文字読むのめんどくさい方はイラストと写真を見ればほとんど内容分かります!(笑)

1-2.jpg

先週の日曜日(3/1)に用賀の砧公園に行って来ました。
ここの「梅」がよくて、毎年梅見を楽しみにしているのです。

2-2_20090308083308.jpg

砧公園の中の世田谷美術館の展示、
「十二の旅:感性と経験のイギリス美術」(2009.1.10-3.1終了)
のタイトルにそそられて、企画展も見に行くことにしました。

日本との関わりを中心としたイギリスの「旅」がテーマ。
旅好きの私としてはお気に入りのタイトル。
ターナーが見られるのも魅力でした。

結果的には有名な人もおおく現代のも面白く、非常に満足の展示!

3-2_20090308083326.jpg


お気に入りの作品について文章で補足:

入ってすぐに、一番有名な、ターナーおよびコンスタンチンの作品(版画+コンスタンブルの油絵作品)がありました。
ちょうど前日絵の先生と今度の絵についてはなしていて、いい雲の感じを描きたいと思っていたのだけれど、この版画に雲の表現の素晴らしい作品がたくさんあり満悦。画集には小さいものの、展覧会以上の数の版画が収録されていてさらに満悦。

constable.jpg
コンスタンブルの作品。

アンディ・ゴールズワージーは自然素材を実施に組み合わせて写真を撮る。一見CGに見えるほど鮮やかな画面なのだけれど、それを作る過程があるのがすごい。そしてとても綺麗。
絵にした作品は河岸の石に、びっしりとニレの黄葉を貼り付けた作品。画集で見る製作過程があぶなっかしかったです。

アンソニー・グリーンの作品は、実物でしか感じられない大迫力。画面自体、四角になっていなくて、魚眼レンズで覗いたような作品や、2Dにして3Dに感じられる迫力と、丹念に描きこまれた細かさをもっている作品です。

ボイル・ファミリーは、本当にどこにでもある地面なのだけど、それをメディアで作ってあって、壁にかけてあるのがこれも迫力。その地面は日本地図にダーツして、60cm四方を選んで、2m四方くらいに拡大して作っている。

あとホックニーや、ヘンリー・ムーアの彫刻作品も。地味ながらイギリス美術好きには十分満足いったと思います(終わっちゃったけどね)。

12の作家はボイル・ファミリー、ジョン・コンスタンブル、アンディ・ゴールズワージー、アンソニー・グリーン、モナ・ハトゥーム、ディヴィッド・ホックニー、バーナード・リーチ、ヘンリー・ムーア、ディビッド・ナッシュ、ベン・ニコルソン、ジョセフ・マロード・ウィリアム・ターナー、チャールズ・ワーグマン。



さてさて。美術館と美味しい時間はワンセット♪

世田谷美術館の本格レストラン「ル・ジャルダン」でケーキを。
ここはお値段も結構なものだけど、ランチ3000円くらい(軽いフルコース)、アフタヌーンティセット1800円と、お味とサービスと雰囲気を考えたら、意外とお手ごろなのかも。アフタヌーンティセットって、2500円くらいするところもあるものね。

4-2.jpg

ケーキの拡大写真はこちらから♪
cake2_20090308090407.jpg
さくらちゃんのキャラメルケーキ。

cake1_20090308090359.jpg
私のシャンパンとグレープフルーツのムース。本当にシャンパンのお味♪

友達の幸せ報告も聞いて(^-^)

梅見に美術館、親友とのおしゃべりと、楽しい一日でした。


ここまでよんでくださってありがとうございます。
↓記事を見て何か感じられた方は、応援お願いします。
そして、ポチっとするときに、是非 ご自分のため 大切な方のために 平和のために なにか一つお祈りしてみてくださいね。


angelicbotan.gif



月音京子ギャラリー やわらぎアトリエ。優しい気持ちになりたいときに。 

やわらぎアトリエバナー

↓拍手は非公表で短いメッセージが送れます。
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
イラストギャラリーもご覧くださいね。
「アトリエつくっく」
http://tsukunet.net

こちらのブログでは、プライベート・美術館や街カフェ、
うちカフェなどの記事を書いています。
「二子玉川幸せいき切符☆」
http://ameblo.jp/museumcafe/

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

| 【展覧会・美術館】展覧会 | 08:27 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

友人の家がスグ近くなのだけど、まだ入館したことがありません。
「世田谷美術館」。
レストランのプレート皿は、ちょっと素敵なもの使っていますね。
ボーンチャイナかな。
「ターナー」で思い出したのだけど、来月僕は山下達郎さんのライヴに行きます。
彼の古い曲に「ターナーの機罐車」という、とっても好きな曲があります。
久しぶりに今回聴きたいなァと、ふと思いました。
つくねちゃんのイラストも、春の匂いがしてきましたね。

| souzyugama | 2009/03/08 11:36 | URL |

>souzyugamaさん

世田美はお気に入りトップ3&思い入れナンバーワンです。
もし展覧会に興味がなくても、あのしゃれていながら落ち着く雰囲気を味わっていただきたいです。(今回は寒かったのですが、地下に無料休憩所もあります)
そう、陶磁器に目が行くのはさすがですね!私も友達もすごく素敵と言っていました。前回、ルール違反ですが確認したとき、ノリタケだった気がします。

山下達郎さんの曲、YOUTUBEで聴いてみました。ターナーの絵に機関車の絵があるんですね。もやのなかを強く旅するような感覚がつたわってきます^-^。素敵な曲の紹介ありがとうございました。
http://www.youtube.com/watch?v=FwB-tUKs51g

| つくね | 2009/03/08 13:22 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。