イラストを仕事にしよう!@つくっく

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
イラストギャラリーもご覧くださいね。
「アトリエつくっく」
http://tsukunet.net

こちらのブログでは、プライベート・美術館や街カフェ、
うちカフェなどの記事を書いています。
「二子玉川幸せいき切符☆」
http://ameblo.jp/museumcafe/

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【美術館】朝倉彫塑館

シカゴに駐在している友達のRKさんが、夏休みに日本に一時帰国するということで、
別の友達のMKさんと一緒に8/17(日)にお会いしました。天気は小雨がちらちら。

朝倉彫塑館は、谷中エリア、日暮里駅近くにあります。
首都圏にある美術館、ランクはつけにくいけれど、トップ3を個人的にあげるとすれば、
東京都庭園美術館、世田谷美術館、朝倉彫塑館、に入れるくらいお気に入りです。
特に外国人の方に見ていただきたい美術館で、またお帰りの成田空港へのアクセスも
よさそうなので、ご案内することにしました。

朝倉彫塑館公式サイト

asakura.jpg

朝倉文夫という彫塑家の住居兼アトリエです。
もちろん内容としては彫塑がメインですが、なんといっても建物が面白いです。
コンクリート製の洋館部分、竹をモティーフにした日本家屋が調和・融合した建物。
増改築を繰り返したため、非常にユニークな作りになりました。
中央には大きな岩のある日本庭園があります。

今現在は耐震設計の見直しのため、日本家屋部分のかなりが見られないのがとても残念ですが
二階部分から上のイラストのような光景がみられます。

asakura-neko.jpg

洋館部分の二階の通称「猫の間」がとても好きです。外観からも窓から猫たちがみられて、外光が明るく入る空間。
朝倉文夫は晩年15匹の猫に囲まれて暮らしていた猫好きで、
「吊るされた猫」「伸びをする猫」「獲物を取ってきた猫」「子育てをする猫」
・・・など色々な表情をした猫たちの彫塑が、
まるで生きているものから型取りをしたように、生き生きと表現されています。

一階にある、おじさんたちの彫塑を仕事でする傍ら、
息抜きに猫を粘土でこねこねしていたのでは、と勝手に想像してしまいました。

asakura-hon.jpg

書斎は天井まで本がぎっしり。我が家も本で大変なことになっているのでなかなか憧れる空間です。
ここに限らず、本棚はあちこちにあり、RKさんは風格のある本の題名にそそられていた様子。

二階は日本家屋部分も入れて、床の間や机などにも非常にこだわっていたのが見られます。

asakura-okujo.jpg

面白い特徴として「屋上庭園」があります。小雨が降っていたものの、屋上に樹がたくさん植わわっている様子にはインパクトがあったよう。「遊び心」にあふれた美術館ですが、特にこの「飛び込み人形」が(笑)

朝倉彫塑館については以前にもレポートしているので
よかったらさらっと見てみてくださいね。
このころは一階の日本家屋に入れました。茶室からの庭園風景が素晴らしかったです。

→朝倉彫塑館(2005年10月)の記事



近くの下町情緒たっぷりの「谷中ぎんざ」に寄りました。
「肉のサトー」「肉のスズキ」の両店のメンチカツが美味しいということ。
北島選手の連日のニュースで泳ぎたくなった・・・ではなくメンチカツが食べたくて仕方なくなった、
ので「スズキ」だったかな?で揚げたてをいただきました。サクサクサク、肉汁どわっ、美味しかった~

お昼は「かみやうどん店」で名物「レタスうどん」を。
なかなか出汁に味わいとこだわりのあるうどんで、日本のうどん名店150にも選ばれているとか。
京都の話をしていたら、いかにも下町風な店主さんが色々な穴場を披露してくださいました。

桃林堂でおみやげを買い、RKさんを長旅へ送り出した後、MKさんとカフェでお話。
この友達は、結構ずばっと話す貴重な友達で、色々と喝を入れられました。

★月音京子・柏木照美二人展「照月彩」★
10/7(火)~10/19(月)(無休)@根津りんごやギャラリー
★最新情報はこちら

月音京子ギャラリー やわらぎアトリエ 

やわらぎアトリエバナー

★ ブログランキング★記事に興味がもてたら応援してくださると嬉しいな。

人気blogランキングへ<Br><a href=




★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
イラストギャラリーもご覧くださいね。
「アトリエつくっく」
http://tsukunet.net

こちらのブログでは、プライベート・美術館や街カフェ、
うちカフェなどの記事を書いています。
「二子玉川幸せいき切符☆」
http://ameblo.jp/museumcafe/

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

| 【展覧会・美術館】展覧会 | 13:56 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

谷中と聞くと、もう黙っていられないワタクシです。
とくに朝倉彫塑館は!! ほんと、私の中ではトップ2に入ります。
(ちなみにもうひとつは京都の「河井寛次郎記念館」です)
あの日本家屋から眺める池は最高ですよね。
眺めがというより、あの空間が。いつも「これでお茶が出れば言うこと亡いのに」と
思っていました(そしたらもっと長っ尻になってしまうけど。笑)。
それから、体験宿泊とかさせれくれたらもっともっといいのに、とか。
住んでみたい、せめて一日ずっと過ごしてみたい場所ですよね。
個人的には、陶器の椅子がある部屋の机がとても好きです。
釘とかまったく使ってなくて、ものすごく上質な手作りのもの、という感じで。
そして懐かしい谷中銀座の店の名前!! 読んでいたら無性に行きたくなりました〜。
(2年前とはずいぶん変わった、と昔のご近所さんに言われましたが)

| きく蔵 | 2008/09/05 20:47 | URL | ≫ EDIT

>きく蔵さん

前は下町にいらしたんですよね。
トップ2なら、黙っていられないですよね(笑)
そう、あの池を眺めながら、お茶菓子と抹茶があったら、最高ですよね。畳に根っこが生えてしまいそうですけど。着物だったりしたら、外人さんに写真を撮られちゃうかも?
私はインテリアとか、建築もとても好きなので、「自分や家族の意見を活かした設計で家を建てたい!欲」はかなりあります。求む設計士ダンナ(^-^;)でもあんなにオリジナルティーは発揮できません。調度品の選び方やこだわりもハイセンスですよね。今度その机に注意してみます!
うどんやのおじさまだけでなく、カフェの店主も楽しかったり、道行く人が自分から道を教えてくれたり、下町の人のきっぷのいい気質もいいですね。

| つくね | 2008/09/05 23:36 | URL |

よってみたい

たまに通る駅なので、機会があったら寄ってみたいです、ぽち

| 小池 | 2008/09/10 16:12 | URL | ≫ EDIT

>小池さん

お立ち寄りありがとうございます。
日暮里駅からすぐですので、夕方になる前に通ることがあれば、是非楽しんでいらしてくださいね。
ぽち、ありがとうございますi-178

| つくね | 2008/09/10 20:55 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。