イラストを仕事にしよう!@つくっく

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
イラストギャラリーもご覧くださいね。
「アトリエつくっく」
http://tsukunet.net

こちらのブログでは、プライベート・美術館や街カフェ、
うちカフェなどの記事を書いています。
「二子玉川幸せいき切符☆」
http://ameblo.jp/museumcafe/

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【展覧会感想】アンカー展@東急文化村

年末に帰京してきた友達と、表参道のおしゃれなレストランや雑貨屋さんで遊んでいました。一緒に渋谷Bunkamuraのアンカー展に行く予定でしたが、途中で他の友達と合流する予定が入り、最初の友達が3時までと知らなかったので、彼女とはゆっくりカフェをして、後に仕事納めを終えて来た友達と見に行きました。

『アンカー展』 東急Bunkamura まだ~1/20(日)までやっています。

アルベール・アンカー(1831-1910)、スイスではとても有名な画家さんだそうです。日本では無名ですよね。私も知りませんでしたが、ポスターのこの猫にすぐやられました。

anker1.jpg
『少女と二匹の猫』
猫かわいい・・少女かわいい・・・

アルプスの少女ハイジの世界、生まれ育ったスイスの日常の故郷の村を描いた素朴な風景。

動植物や少年少女の表情がなんとも愛らしいです。反面、デッサン、遠近、明暗などには少し疑問の残る部分がありました。光線などから、写真を元に描いていると思われました。顔を特に丹念に塗りこめているので、絵によってはそこが白浮きして見えました。背景が少しミスマッチなものもあり、この猫の絵のように背景を塗りこめている感じのものが全体に良かったです。
「アンカーにとっては少女の顔出しを明確に描き出す事の方が、ストーブを細部に渡って書き込むよりも重要だった・・・(メモの字が汚くて不正確ですが、そんな添え文がありました)」

anker2.jpg
『12月』
この展覧会ではちょっと異色な絵。でも完成度がとても高いと思います。右下のワンコがなにげにかわいい。

画像はポストカードから撮っています。カードになかったですが、『母と子』のような木炭デッサンが私は特に気に入りました。彩色よりも、とても表情が柔らかく、心から見入ってしまうものがありました。

アンカーは子供の教育ということにとても興味があったようです。
私も塾講師をしながら日々結構色々と教育について考えたりします。
このころはもちろん、テレビゲームはなかったのですが、
今の親御さんでも子供の知育のためおもちゃなどにとても気を配って
シュタイナー教育などに気を配っていらっしゃる方がいます。

テレビゲームは友達や兄弟と盛り上がる面があり、決して悪いとは言えませんが
自分を振り返ると、友達と公園や森、街で遊んだ記憶がはるかに鮮明で、
一人ゲームをしていた記憶はそれよりはるかにかすんで思い出される気がします。
今の街は本当に公園とかなくて・・・だからゲームの話題をする子供たちが多いですけど
なんだかもっと豊かな遊びがあるのになと思う。



anker3.jpg
anker4.jpg
(左)『あやとりをする少女』(右)『ドミノゲームをする少女』

こんな感じで、色々な原始的ゲームをする子供たちの絵がたくさんあります。ダイヤモンドゲームやソリテールゲームなんてのも昔やった!こんな単純な遊びが延々と熱中するんですよね。

「何かに熱中している少女」を描いている作品も多かった。アンカーさんは、そんな姿を特に美しいと思ったのではないかと思います。そしてとても素敵な表情です。



anker5.jpg
anker6.jpg
(左)『髪を編む少女』(右)『窓辺で編み物をする少女』
最近ハンドメイドをしないな・・・時間はあるのですが・・・完成やそれを受け取る人を思いながら布に向う気持ちは本当に豊かなものだったなぁ。

名前が知られていなくても、とても人気の出た展覧会のようでした。私もとても満足しました(^^)21日(日)まで。無休で金曜は21:00までやっています。おすすめです。



久々に会ったお友達はBunkamuraが初めてだそうで、
本屋さんNadiffに熱中。それから美味しいベトナム料理屋さんでたくさんお話しました。
話しながら手帳にどんどんアイディアを書き留めているのが面白かった。
デザイナーさんってこうなんだな。
美術館の小冊子の話をしたら、時間があるなら是非やってみなよ!と
身を乗り出してくれた。うん、そうだ頑張ってみよう(^^)」

 月音京子ギャラリー やわらぎアトリエ
やわらぎアトリエバナー

★ブログランキング★♪ご覧になった方、ぽちっと押していってください♪
人気blogランキングへ<Br><a href=


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
イラストギャラリーもご覧くださいね。
「アトリエつくっく」
http://tsukunet.net

こちらのブログでは、プライベート・美術館や街カフェ、
うちカフェなどの記事を書いています。
「二子玉川幸せいき切符☆」
http://ameblo.jp/museumcafe/

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

| 【展覧会・美術館】展覧会 | 05:12 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

昔、美術の先生が写生の宿題に対して、写真をもとに描いたか実際にその場で見て描いたかはすぐ判るって話していて、よく判るなって思いましたが、わかる人にはわかるものなんですね。
アンカー展行けなかったので、感想を聞けてたくさん画像も見られて嬉しいです。
何かをしている少女の横顔がどれも素敵。

| 弥生 | 2008/01/08 10:48 | URL |

>弥生ちゃん

写真かどうか本当のとこは分からないんだけどね(^^)ヾ
(美術の先生って山城先生?)
中でも劇的な「12月」はイメージで描いたんじゃないかな~。
アンカー展三人で見られると良かったね。
その中でもいいなと思ったのがカードに買ったこの六点だったよ。
何かに熱中してる姿って美しいって再認識。
お仕事とかに一生懸命な横顔ってなんといっても惚れどころだよね!男性でも女性でも。

| つくね | 2008/01/08 23:52 | URL |

ご安全に。

アンカーと聞くと、マロニエ国に住んでいた時の最寄駅を思い出します。

かなり小学生には理解不能な絵だった記憶がありますなあ。

| ふーじー | 2008/01/23 23:08 | URL | ≫ EDIT

>ふーじー

駅名とかはあまり覚えていないなぁ(汗)
小学生で見た記憶があるの?羨ましいです。
ブリューゲルは結構あちこちで見たけれど。

| つくね | 2008/01/24 10:31 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。