FC2ブログ

イラストを仕事にしよう!@つくっく

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大熊美術館(安曇野旅行5)

2日目の最後の目的地、3つ目の美術館が大熊美術館です。ロイヤルコペンハーゲンやビング&グレンダールのコレクションが展示されている小さな美術館です。暗くならない内に宿に戻れなければならないので、急いで自転車をこぎました。結構距離があり、曲がり角からはずっと下り。帰り登ることを考えると冷や冷やしました。
ookuma.jpg

 美術館と喫茶店の二つの建物があり、お洒落でこぢんまりとかわいらしい美術館です。喫茶と受付をオーナー夫妻がぱたぱたとかけもっています。美術館の中は、ブルーと白のプレートが整然とならんでいる静かな空間です。一つ一つに物語性あふれる美しい絵画がきざまれたプレートの数々。本当に好きな人なら3時間は軽くつぶせるでしょう。私は自分の生まれ年1977年のものを探しました。クリスマスプレートが煙突にいざもぐりこもうとするサンタさん(のお尻)、マザーズプレートがリスの親子↓でとてもカワイイ柄です。マザーズプレートとは母の日記念のイヤーズプレートで、どれも様々な動物の親子が描かれていて、一番気に入りました。
ookuma2.jpg

 この美術館のお目当ては実は喫茶の方です。本物のロイヤルコペンハーゲンの器で喫茶がいただけるのです!宿の食事は量が多いので迷ったのですが、お皿欲しさにケーキも頼むことに。MOEの小雑誌の「だんだん絵柄が見えてくるのが楽しい」というコメントと美味しそうなチーズケーキのイラストに惹かれてて。時間が遅いので客もいなくなり、上等そうなランプのある素敵な出窓席に座り、ケーキには紅茶派なので紅茶を。たっぷり2杯分以上のポットでサーブされてきました。それにレアチーズケーキの美味しいこと!見た目しっかりしているのに、舌触りがなめらか〜で、酸味もちょうど良くて。デンマークチーズというチーズを使用しているそうです。頼んでよかった!コーヒー用は青を基調に絵柄の入ったカップでそれも素敵でした。パスタや他のケーキも美味しそうでした。近所にあったなら通いたい!
ookumacakes.jpg

日が暮れる前に戻るため、紅茶も飲み切れぬまま急ぎます。大通りをずーと走って、あと小道を曲がれば・・・のところで迷ってしまい、日もすとんと落ちて真っ暗になり、山道が道かも分からなくなり、そのうち道でなく「これ畑の中?」状態に。畑の持ち主の方、本当に本当に申し訳ありませんでした;;

★ホームページギャラリーにも遊びに来てくださいね★
→つくね+美術館

人気blogランキングへ

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
イラストギャラリーもご覧くださいね。
「アトリエつくっく」
http://tsukunet.net

こちらのブログでは、プライベート・美術館や街カフェ、
うちカフェなどの記事を書いています。
「二子玉川幸せいき切符☆」
http://ameblo.jp/museumcafe/

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

| ├【旅行記】信州・安曇野旅行 | 21:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT