FC2ブログ

イラストを仕事にしよう!@つくっく

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

杉浦さやかさんの展覧会@青山ブックセンター

ブログでも何度か紹介している、イラストレーターの杉浦さやかさんの展覧会が
青山ブックセンターで行われているので、早速月曜の昼休みに行って来ました。

*2006年12月26日~2007年1月15日
*東京 青山ブックセンター
http://www.aoyamabc.co.jp/

さて展覧会は
雑誌付録のカレンダーで使われていた貼り絵の作品が特に印象的。
さやかさんってかなりPC音痴らしいのですが、
小さく丁寧な手仕事がむしろとても新鮮です。
色々な色、模様を使っていてカラフルなのに、全然それら同士が喧嘩してなくて
このセンスはもう、経験に裏打ちされているとしかいいようがないなと思います。
イラストルポの原画も、一ページ分にほとんど修正無く描いてあって
DTPであっちに配置したり、こっちに配置したりしてデザインしている身から見れば
潔さとか、経験とか、センスを凄く感じました。文章も楽しいし!

前回ののらちさんの記事でも書きたくて、上手くかけなかったことなのですが
アナログから入ったかたとCGから入ったかたの色などの感覚の違いのこと。

CGの場合、色を選ぶときにわりと良く練らないで、
見本やカラーピッカー(Photoshopの場合)からインスタントに選んでしまう危険がある気がします。
会社であまり時間が無い中、イラストを頼まれCGで色つけしたときは
初期設定の色見本から適当に近い物を選んだりしてて
できた物はどこかぴかぴかとした色合いで自分の絵とあまり思えませんでした。

色感覚が磨かれている方は、CGでも十分発揮されるんですけど
グラデなどを安易な使い方をすると結構チープになりがちな気がします。

とはいえ、水彩でも結構適当な色使いしてますけど;
デジタル画も併用して描けるようになりたいのですが
色感覚やセンスをしっかり磨いとかないとな!
とさやかさんの手仕事を見て思ったのでした。

-----------------------------------------------
杉浦さやかさんのオフィシャルページはないのですが
web連載も色々あり、かなり読みふけってしまいます♪

○web連載
 
 ★杉浦さやかの「引っ越しました」 (祥伝社)
 http://www.shodensha.co.jp/essay/index.html
 雑誌掲載情報・イベント情報等、のってます。

 ★つ・れ・づ・れ ダイアリー (シティリビング)
 http://www.citywave.com/tokyo/diary/

 ★絵本とあそぼう よりみち編 (MOEweb)
 http://www.moe-web.jp/enjoy/sugiura/index.html

(上つMixiコミュより転載)

★ギャラリー★
mybn-kuma.gifつくね+美術館
★ブログランキング★応援してくださってありがとうございます
人気blogランキングへ<Br><a href=
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
イラストギャラリーもご覧くださいね。
「アトリエつくっく」
http://tsukunet.net

こちらのブログでは、プライベート・美術館や街カフェ、
うちカフェなどの記事を書いています。
「二子玉川幸せいき切符☆」
http://ameblo.jp/museumcafe/

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

| 【展覧会・美術館】展覧会 | 14:34 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

あるアニメーター志望の人が言ってました。
最近は、PCで描くから、なんでも修正ができるので、
みんな絵のイメージを持たなくなったとか・・。

描きながら修正して作っていくという・・
行き当たりばったりの創作ってどうだろうか?と。
確かにそういう傾向はあると思います。

自分も、そのうちPCを使って描きたいと思いますが、
適当にならないように、気をつけておきたいところです。

あと、プリントアウトされたときに、色彩に差があるというのも、ちょっとですね。^^


| トリトン | 2007/01/12 11:49 | URL | ≫ EDIT

>トリトンさん

修正できるかどうかは大きいですよね~。
DTPデザインの仕事だと、最初の作成:クライアントの要望の修正=1:4
くらいですよ;
アナログの仕事だと、ラフの段階でしっかり固めれば
一発入稿ですんだので、むしろ楽だな~と思いました。

| つくね | 2007/01/13 06:10 | URL |

そんなに比率があるんですか・・。
じゃあ、案外、手描きのほうがいいのかも・・。

そう言えば、知り合いの、元イラストレイターさんが、
会社の仕事で、手描きでできるのに、わざわざPCソフトで描けといわれて、
憤慨してたのを思い出しました。

ん~~~。そうなんだ・・・。



| トリトン | 2007/01/13 06:50 | URL | ≫ EDIT

アナログの仕事でも、発注側が余り分かってない人、出来上がって直すのが当たり前って人だったりすると、平気で「修正してくれ」って言われることありますよ(^^:) 
しかも、「アナログなので、ラフ後の大きな変更は出来ない」って事前に言っているのに~、って感じで。

| みき | 2007/01/13 07:47 | URL | ≫ EDIT

>トリトンさん
確かにDTPデザインをしていると、原画でもらうよりデータで貰う方が楽というのはありますね。でも、手描きとCG、「画材」が違うんですから!
あと、イラストレーターaiや、フォトショpsd(レイヤーわけされたもの)で渡すと、色とか勝手にいじられてしまう怖さ(ちゃんとしたところはしないでしょうが)もあるかもしれませんね。
社内で描いたCGイラストを他のデザイナーさんに渡したら、一部の色を抜いてあったりして、それは社内だし、センスある方だったのでいいんですけど、ちょっと複雑な気持ちになりました。

>みきさん
え~、みきさんのタッチに気軽に修正!
アクリル画は可能なことは可能だと思いますけど
「前のに戻して」ってDTPみたいに軽く言われたりしたら
温厚な人でもプチ切れしますね・・・
実は私も水彩画の絵はOKで大きな色変更を頼まれたことがあります。
フォトショで色変更をしましたが原画と同じくらい時間がかかりました。
結果的にはとても気に入ってもらえたのですが,
描く前のコミュニケーション、大事ですね。

でもアナログもCGもそれぞれ長所、短所あるので両方上手く使っていきたいです。

| つくね | 2007/01/13 22:39 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT