イラストを仕事にしよう!@つくっく

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【webイラスト講座】「イラストレーターになるには」シリーズ一日目

 「イラストレーターになりたい」シリーズ一日目のテーマは

「まず作品を描こう!」です。

「イラストレーターになりたい」と漠然と思っている人というのは、

(1)単純な「イラストレーター」という職業への憧れ。
(2)また自分のイラストを他人に使って欲しい。
(3)イラストでお金をもらえたら嬉しい。

という所だと思います。
実際お金がもらえるようになってくると、また徐々に変わってきますが・・・

上の (2)自分のイラストを他人に使って欲しい。
のみであれば、お友達や、近所の商店にアピールすれば、お仕事もgetできると思うし、
そういう方向性もあると思います。




こちらのwebイラスト講座では、いわゆる商業イラストレーターになりたいと言う人をターゲットに考えています。
つまり、出版や広告など、企業などにも使ってもらえる職業人ですね。

・とにかく、イラストレーターになりたい人は多い。
・プロのイラストレーターは十分に市場に足りている。

上のことは、まず大前提として頭に入れてください。


大手の会社は両手両足にあまるほど、仕事をきちんとこなせるイラストレーターをすでに知っています。
さらにやる気のある、若手イラストレーターも常に自分から売り込んできています。
忙しく、自分から若手のイラストレーターの発掘をしている事は少ないです。
(と、いってもベンチャー企業であれば、そういう事を熱心にしていることはあります。)

だから絵も一定のレベル以下で、絵を見せにもこないで、「私の絵を誰か見つけて使ってくれないかしら〜
とほんわか思っている人のイラストを、使う理由がないんですよ・・・。

商業イラストレーターになってみよう!というのであれば、
売り込めるイラストがある、というのは大前提です。

でも、まずは下手でもいいですよ!誰だって最初は下手です。
レベルをあげつつ、売り込みを続ければいいんです。
そのうちどれかが当たってきます。



「当たり前のこと」を書きます

ある、商売の本に書いてありました。それは色々な商売の秘訣が描いてありましたが・・・
その1ページに、
「売れるカレー屋になるには、店のカレーライスが旨いことが大前提!」
と・・・。当たり前すぎてそこで笑っちゃいました。

だからまず、最初に「うちのカレーライスはこれで行きますよ!」
「うちにはこんなカレーライスを揃えていますよ!」
という、お客さんに見せられるような作品づくりをすることです

「私、イラストが描けます。何か頼んでくれたら、なんでも描きますよ〜。相談ください。」
たまにこんなサイトをリアルに見ますが、これでは誰も頼めません
「私、料理が色々作れます、何か頼んでくれたら、なんでも作りますよ〜。注文ください。」
こんなレストラン、ちまたに無いでしょう?



(2日目)はポートフォリオを作ろう!です。

まずポートフォリオに入れる
●「モノクロ作品5点」
●「カラー作品10点」
を目安に、人に見せられる作品を作ってください。

ちなみにイラストレーターを続けるという事は、イラストを描き続けるということです。
当たり前だけど・・・

ブログ拍手、感想、コメント、質問あればお気軽にどうぞ!楽しみにしています。
コメントには必ずお返事します。(ブログ拍手は私だけにメッセージが送れます。)
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
イラストギャラリーもご覧くださいね。
「アトリエつくっく」
http://tsukunet.net

こちらのブログでは、プライベート・美術館や街カフェ、
うちカフェなどの記事を書いています。
「二子玉川幸せいき切符☆」
http://ameblo.jp/museumcafe/

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

| 【ブログ講座】イラストレーターになるには? | 10:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT