イラストを仕事にしよう!@つくっく

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

安曇野旅行2010-(4)

もう7月の話になりますが、7月の安曇野旅行の最後の旅行記。
3日目の調理実習の様子です。

早朝、原生林の散歩をしました。
調理実習が朝に始まりましたが、けっこうぐったりとお疲れ。

二泊三日の料理プログラムは、けっこうたくさんのプログラムがあって
それに全部出るとかなり疲れます。

真夏に冷房がないというのもあると思います。

スタッフさんに言って、前半1時間くらい休ませてもらいました。
調理実習も長丁場で、2時間半から3時間くらいあるのです。

「木と森のカフェ」の広々とした二階でひとり眠らせてもらっていました。
ここが本当に風通りがよくって気持ちいい!

一時間くらいしたあと、調理実習に参加しました。

野菜の玄米のりまきです。

すのこを使ってのりまきです。
すのこの使い方を教えてもらいました。初めて。
かんぴょうやきゅうり、ほうれんそう、納豆などを、好きな組み合わせで巻いていきます。

azumino-sunoko2.jpg

楽しい

さて、いろいろなのり巻きができあがりました。
azumino-norimaki1.jpg

azumino-norimaki2.jpg

上の写真の手前の盛りつけが私が盛りつけをやったものです。
「盛りつけ大賞!」ていわれましたけっこう嬉しい。

味はたくさんのものを巻くよりは、具材数がシンプルな方が美味しかったです。
納豆まきが好きなのでたくさん食べたよ。

azumino-tomato.jpg

食後のデザート。前半に作っていたのかな?
ミニトマトの寒天です。ゼリーは動物性だからかマクロビでは寒天を使うみたいです。
固まりが崩れていて、これは比較的四角く固まっているものなのですが、
スタッフさんがついていても、寒天を固めるのは難しいのかもしれませんね。
寒天部分はりんごジュースの味です。

味は暑い中にとてもさっぱりとして、トマトがいちごみたいに甘くって美味しかった

午後に二人乗り合いでタクシーで穂高駅に戻り(一台約2000円)、穂高神社によっていきました。
帰りは小渕沢で雷雨となり、かなりの足止めをくらいました。

二泊三日のプログラミングの中にはアロママッサージもあり、楽しみでしたが部屋で休むのを選びました。
ちなみに一人で泊まると相部屋になります。相部屋でも同料金なのは残念だな。

パソコンを持っていきましたが、無線LANはつながらず。携帯はそこそこ電波が立ちました。
冷房がないのが辛いところですが、夜はかなり涼しくなります。

習ったレシピの中では今のとこナッツご飯を作ったのみ。それはとても評判が良かったです。

リンク
→今までの安曇野旅行記カテゴリ
→穂高養生園
→やよいの厨房ブログ(シェフやよいさんのおいしそ~なブログです。)
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
イラストギャラリーもご覧くださいね。
「アトリエつくっく」
http://tsukunet.net

こちらのブログでは、プライベート・美術館や街カフェ、
うちカフェなどの記事を書いています。
「二子玉川幸せいき切符☆」
http://ameblo.jp/museumcafe/

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

| ├【旅行記】信州・安曇野旅行 | 07:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日仏学院入学と語学のべんきょ。

ここ最近は絵は描きたい情熱がなくて、その代わりに妙に語学がしたくてたまりません。
絵に関してはうじうじしてたんだけど、じゃ何したいの?て自分に質問するとなぜか「語学!」

「ワクワクすること」に向かうのが人生のナビ。

英語は「エイゴの時間」というブログが面白くて週二回やっています。
リスニングとシャドーイング(音声を聞きながら繰り返す)
語学って音声から入るのが筋かなって思っています。

フランス語は好きだけど中々やる気がしなくて、
金曜に飯田橋の日仏学院(前から行きたかった♪)の秋学期に編入。火曜日の夜です。
少人数の会話コースに。

昨晩初参加をしました。
見事に単語がでてこない(笑)
ただ会話自体はなんとなく分かるような。

「KYOKOはこのクラスはdefficile(難しい)だね。君は入門レベルに下げるべきだよ」
終わった後ずいぶんいわれたけど、1年以上も勉強してないし、
ついてっちゃお~と。

生真面目なフランス人らしい先生。
革ジャンを着た熱意あふれる役者志望の女の子。
結構流暢なご老人。
やさしげなOLさん。
いかにもお勉強風のガチゴチフランス語の眼鏡くん。
そしてつくね。

クラスはやたら個性豊かでとっても気に入りました

フランス語圏ベルギーに8歳から11歳まで3年くらしたわけだけど、
学生さんの言葉をきいててなんだか文法から入るって違うな~て感じる。
「メルシ」「ケスクセ?」「キエス?」とかそういうのはタイミングをその語学圏の空気で覚えてく。
フランス語って英語と違ってカタカナで書けるところがいい。
やっぱり音の繰り返しとフレーズ丸覚えがいいんだなと思う。
Il habite a France.(=He lives in French.あってる?)だったら
「イル アビテ ア フラン」じゃなくて「イラビタフラ゛」て覚える感じ。

英語は英検2級レベルだけど、単語力も文法知識も会話にはもう十分なのかもしれないな。
英会話も、きっと現地ならではの言い回し・フレーズがあるんだと思う。

さて、話はかわって日曜に試験監督の一日バイトをやってきました。
K塾の模擬試験で、どうやら学歴の高い子が受ける試験。
監督中に問題をぱらぱら見たけど、受験問題がもう馬鹿らしく感じちゃった。
国語だったら文章中に「ルサンチマン」だの「形子じょう学的な」とか出てくる感じ。ある意味懐かしいな。
自分の高校の後輩が何人かいました。頑張れ!


エイゴの時間
日仏学院

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
イラストギャラリーもご覧くださいね。
「アトリエつくっく」
http://tsukunet.net

こちらのブログでは、プライベート・美術館や街カフェ、
うちカフェなどの記事を書いています。
「二子玉川幸せいき切符☆」
http://ameblo.jp/museumcafe/

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

| ●【日々】思うこと | 04:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

さつまいも蒸しパンとお弁当カフェ風

もうすっかり食欲の秋です。食べても食べてもお腹がすく!
体重計にもばっちりとでてきています・・・

「豆乳蒸しパン」


今朝は久しぶりに蒸しパンをつくりました。さつまいもと黒ごまをいれました
豆乳でつくる蒸しパンなのでもちもちとしておなかがいっぱいになります。
でかいので1/2が限界です。あとは冷凍~。
レシピはどこかで公開したいです。蒸すのに時間はかかるけど準備は簡単。

「お弁当のカフェ風」

オリジン弁当が近くにあってよくお世話になります。
でもお弁当をご飯にするとなんだか寂しい・・・
白い大きなお皿におかずを盛ると、なんだかカフェみたいになります。
お味噌汁もインスタント。
お弁当買うときは面倒なときだけど、でもお皿にもると不思議とぐっと食事の満足感がでるんですよ。
洗う手間はでるけどとてもオススメです。

近所にあってしょっちゅういっていたおしゃれなカフェが閉店してしまいました・・・。
ご飯はすごくおいしいし、ドリンクメニューも豊富で安めだし、いいカフェだったんだけどな。
けっこうこのお店を失ってから暮らしづらくなってしまいました。
お昼ご飯を食べるところがあまり近所にないので、色々開拓中です。
前のカフェは温度が難だったのかな?夏はクーラーなし、それはむしろ嬉しかったけど、冬の極寒は耐えられなかった・・・。
たまにカフェのテナントに見学者がきて厨房などのぞいているときがあります。
いい店できますように。
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
イラストギャラリーもご覧くださいね。
「アトリエつくっく」
http://tsukunet.net

こちらのブログでは、プライベート・美術館や街カフェ、
うちカフェなどの記事を書いています。
「二子玉川幸せいき切符☆」
http://ameblo.jp/museumcafe/

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

| ├【日々】ごはんめも | 08:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

裸婦デッサン

裸婦デッサンをやってきました。
10月11日月曜祝日に、護国寺のアトリエで。主催は路樹絵です。
裸婦デッサン


100分デッサンですが、時間が遅かったので40分できりあげました。
今回は自分ではとても難しかったです。

頭とつま先や肩先などアタリをつけて、まず点を取ります(女性の右に頭の形からの等分線が見えるでしょうか)
それから、「間の形」をとっていくことで、より頭でなく見たままの形をとっていくことができます。

路樹絵ではベテランもいれば、初心者の方もいます。
渡邊先生という京都の先生の講評がつきます。

「まず、どうしても小さいね」
「上手に描けているね、でもまだ骨格がわかっていないようだね。」

紙は画材やで大きいスケッチブックを選びましたが
他の方はもっとずっと大きいスケッチブックを使っていました。

骨格や筋肉はどうやって勉強したらいいのかな・・・?

リンク
アトリエ路樹絵 http://rojue.net/

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
イラストギャラリーもご覧くださいね。
「アトリエつくっく」
http://tsukunet.net

こちらのブログでは、プライベート・美術館や街カフェ、
うちカフェなどの記事を書いています。
「二子玉川幸せいき切符☆」
http://ameblo.jp/museumcafe/

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

| ├【イラスト創作】ただいま鋭意製作中 | 12:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【イラスト】かぼちゃとさつまいも

宅配野菜Oisixから届いたぼっちゃんかぼちゃ(手のひらに載るくらいの小さなかぼちゃ)のかわいらしいこと。
一緒に届いたお芋と一緒に、絵画教室でイラストにしました。

gt_kabochaimo.jpg

いつもはデッサンだけど、今回はイラスト風。1時間で描き上がりました。
臨床美術で習ったように、一度内部の色で塗りつぶしてから描いたらいい感じに。

前回の持ち込みの際に、「野菜は、コンテナでも育てたことがある人の絵は違うんですよ」との編集者さんのお話。
植物を育てるのが苦手な私はコンテナ栽培も無理そうだけど、本やブログでかぼちゃの実のなりかたを調べてみました。花が枯れてから花の付け根が大きくなって垂れ下がってくるんですね♪
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
イラストギャラリーもご覧くださいね。
「アトリエつくっく」
http://tsukunet.net

こちらのブログでは、プライベート・美術館や街カフェ、
うちカフェなどの記事を書いています。
「二子玉川幸せいき切符☆」
http://ameblo.jp/museumcafe/

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

| 【イラスト創作】イラスト展示室 | 09:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今描いているアトリエの絵の線入れ

アトリエのイラストです。

スケッチブックの下絵を、家のスキャナでA4サイズに拡大し、
トレス台でトレースしました。

線の味わいを出すために、定規は使っていません。

atolier2.jpg

三菱uniの「消える色鉛筆」を使うことが多いですが、ここでは
「消えない色鉛筆」(笑)を使いました。
色鉛筆のメーカーはファーバーカステルです。
紙はアルシュ(粗目)です。

赤、濃い茶色、ブルーがかったグレイを使っています。

今夜は絵画教室なので、これを水貼りして、さらにブラッシュアップする予定です。


こうしてサイトで見ると、下絵の方が部屋が広く見えますね

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
イラストギャラリーもご覧くださいね。
「アトリエつくっく」
http://tsukunet.net

こちらのブログでは、プライベート・美術館や街カフェ、
うちカフェなどの記事を書いています。
「二子玉川幸せいき切符☆」
http://ameblo.jp/museumcafe/

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

| ├【イラスト創作】ただいま鋭意製作中 | 12:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

中目黒の展示会「BKH5」

10月2日土曜の夕方にレストランの展示会を見に行きました。
エザキマリナさんというイラストレーターさんがいて
私は結構ファンなんです。ご案内をいただきました。
「BKH5展」という名前のグループ展です。(この展示会は終了しています)

17時に着いたのですが18時からで、中目黒なのでラーメンを食べにいきました。
ワンオーダー必要だったのですが「夕食を食べてきたので」とドリンクで許してもらいました。
カフェ展覧会は、私も最初の個展(表参道NALUCafe)で経験しています。
ネックは、そのときは絵がゆっくり見れなかったところ。
でもここは絵はゆっくり見られました。
食事は高かったので食事オーダーしてたら美術館以上にかかっちゃったなぁ。

エザキマリナさんの絵は、楽しんで描いていることが活き活きと伝わってくるし
センスもとても感じられます。

前回の記事でイラストレーターの20代は~→?と描きましたが
けっこう別の仕事をやったりしながら、模索していったり、若さに任せて
展示会などバイタリティをもってやっていた時期のように思います。

まだ若いと思うので楽しんでばりばり活動してどんどん描いていってほしいな

あとはmiuさんというグラフィックデザイナーさんの作品も素敵でした。





キンモクセイの香りが強く香ってくるころになりましたね。
ミントの白い花が咲いていました。

閉店のカフェの薄荷に花少し


リンク
エザキマリナさんのブログ http://profile.ameba.jp/kuumi06/
サイトhttp://kuumi06.web.fc2.com
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
イラストギャラリーもご覧くださいね。
「アトリエつくっく」
http://tsukunet.net

こちらのブログでは、プライベート・美術館や街カフェ、
うちカフェなどの記事を書いています。
「二子玉川幸せいき切符☆」
http://ameblo.jp/museumcafe/

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

| 【展覧会・美術館】展覧会 | 08:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

絵のスランプ脱出しそうな感じです(^^)

結構長い時間絵が描けない時期が続きましたが、
たくさん読書をしていました。

わりとデッサンをして、絵画教室の先生に見せたりしていたのですが、
私に効いたのは、絵に対して新しいことをしたこと。

新作の下絵です。
atolier-sitae.jpg

インテリアの絵は前から描きたかったのですが、なかなか難題です。

でもパースや人間の書き方などを本や先生に習うと、新しいものを絵に感じて面白く感じます。

スーパーパースデッサン―キャラが立つ遠近法のすべてスーパーパースデッサン―キャラが立つ遠近法のすべて
(2008/03)
林 晃

商品詳細を見る


この絵では「二点透視」のやり方で描いています。

先生にスランプ(かけないというよりモチベーションダウンです)についてきいて、とても納得したのは、

「飽きたんですよ」

「「10代は高校や大学で描き続ける」
「20代は・・・(←忘れてしまいました)」
「30代になって実力がつくと、クオリティを求めるようになる」
それが一般的なんですよ。」

あとは「頭の中で描きあがっちゃんですね」

面白み、というよりクオリティを求めだすんですね。とても分かる気がします。




★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
イラストギャラリーもご覧くださいね。
「アトリエつくっく」
http://tsukunet.net

こちらのブログでは、プライベート・美術館や街カフェ、
うちカフェなどの記事を書いています。
「二子玉川幸せいき切符☆」
http://ameblo.jp/museumcafe/

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

| ├【イラスト創作】ただいま鋭意製作中 | 07:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |