イラストを仕事にしよう!@つくっく

2006年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
イラストギャラリーもご覧くださいね。
「アトリエつくっく」
http://tsukunet.net

こちらのブログでは、プライベート・美術館や街カフェ、
うちカフェなどの記事を書いています。
「二子玉川幸せいき切符☆」
http://ameblo.jp/museumcafe/

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

営業宣言!

最近ずっとフリーのイラストの仕事をしていません(汗)
デザフェスに出展した知り合いはそれをきっかけに色々仕事が入って
ミクシィで毎日のように報告を読んでると、あせってきます~
(おめでと~!でもちょっと嫉妬の塊の音がコロコロ・・・)
会社では結構イラストを描いていますが。

営業をしなきゃですね(^ー^)
まず、ブログを読んだイラストレーターさんから紹介していただいた
エージェンシーにアポを取って登録させて頂こうと思います。

ロハス系雑誌L、持込は受付ずファイルのみということなので
ファイルを送付します。

7.8月中にで有休を使って持込をしようと思います。
ハンドメイド&レシピ系出版社B、S、ロハス系Cあたりを。

ファイル制作が必要。ファイル制作は結構時間と労力がかかるので
時間を確保して進めます。

いままでお世話になったところには暑中見舞いでアピールします。

営業宣言でしたm(_ _)m

★ブログランキング ↓応援してちょ★
人気blogランキングへ
 
★ホームページギャラリーにも遊びに来てくださいね★
mybn-kuma.gifつくね+美術館
スポンサーサイト
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
イラストギャラリーもご覧くださいね。
「アトリエつくっく」
http://tsukunet.net

こちらのブログでは、プライベート・美術館や街カフェ、
うちカフェなどの記事を書いています。
「二子玉川幸せいき切符☆」
http://ameblo.jp/museumcafe/

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

| 【イラスト営業】持ち込み | 22:54 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プラド美術館展in東京都美術館

久々の美術館展の感想です。
上野は東京都美術館のプラド美術館展(~7/2(日))。2002年にもプラド美術館展があり、その時見に行った友達にまた誘われていきました。友達は本場にも行っています。
混むときいていたため、朝10時と早めに。それでもかなり混んでいましたが、正解でした。ストレスはあまり感じないくらいです。
「裸のマハ」のような誰でも思い浮かぶような一級作品は特に無く、やや小粒な印象でした。もちろん水準は高いので楽しめました。
 ムリーリョの「無原罪のお宿り」という作品が飛びぬけて印象的で、ポストカードや一筆箋も買いました。 (↓画像はこちらで見られます)
http://www.salvastyle.com/menu_baroque/murillo_immaculate_b.html

画像や印刷物で見るよりも、原画は鮮やかでまばゆい感じ。そして相当の大きさが迫力です。
 少女として描かれたマリアの顔がなんとも愛らしく、ややロリータな感じは日本人が好むところではないでしょうか?ポストカードの中で一番人気だそうです。
周囲にいる天使たちも柔らかい色彩でかわいらしく描かれています。

展覧会の感想というより、この作品のテーマについて書きましょう。

 上記のサイトでも説明されていますが、「無原罪のお宿り」というキリスト教のテーマは、一見、マリアの処女懐胎のことと思いがちですが(それは、「受胎告知」というテーマでよく書かれますね)、マリアの母アンナもマリアを汚れの無い状態で懐胎したことになっており、そちらが「無原罪のお宿り Immaculate Comception」というテーマです。ちょっとややこしいですね。ムリーリョはこのテーマが気に入っており、10数点を書いています。
 イエスは原罪をまぬがれている(情欲に係わっていない)存在でなくてはならないため、母マリアもまた原罪を免れている、とこんな面倒な設定になっているわけです。
 話題の「ダ・ビンチ・コード」では情欲がないどころか、イエスにはマグダラのマリアという妻がいたと言う見解が核となっていて、それが色々な宗教的な議論も呼んだわけです。このプラド展でも「マグダラのマリアの被昇天」(作者アントリーネス・ホセ)という彼女を美しく描いた作品があり、彼女の神性を画家たちは密かに主張した、というダビンチコードの内容が頭に浮かびました。
 1度読んだきりで複雑な内容をかみ締められていないのでダビンチコードについてはあまり書けないのですが、新約聖書というのもその生成の中で政治的、宗教的に作為が加えれているものだということを、広められたという意味でこの本の意味は大きかったのだろうなと思います。「無原罪のお宿り」とうのも宗教的なこじつけというか、観念的な話で、画家たちは様々な形で苦慮しながら書いています。

参考:西洋絵画の主題物語 聖書編(美術出版社)
 





★ブログランキング ↓応援してちょ★
人気blogランキングへ
 
★ホームページギャラリーにも遊びに来てくださいね★
mybn-kuma.gifつくね+美術館
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
イラストギャラリーもご覧くださいね。
「アトリエつくっく」
http://tsukunet.net

こちらのブログでは、プライベート・美術館や街カフェ、
うちカフェなどの記事を書いています。
「二子玉川幸せいき切符☆」
http://ameblo.jp/museumcafe/

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

| 【展覧会・美術館】展覧会 | 21:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

6月病?

せっかくの週末も毎日雨雨雨・・・
日々移り変わるあじさいの色の美しさには心慰められますが
やっぱり気分もじとっとしますね~

日記をつけていると良く分かるのですが、時期による個人的なサイクルというものが合って、6月というのが私の魔の月で、毎年のように心が参るときなのです(--;)

6月の初めにコンペの出展や英検の試験があり、その準備できりきりしていて、終わったら開放されるかと思ったのですが、その緊張がどうもほぐれない。(う~ん、時々かかるがんばり病だぁ。)

一昨日は私のカウンセラー的な人や友人に話をきいてもらい、昨日は一日空いたのでゆっくりマッサージをしてもらいました。
6月は祝日が無い月ですが、休みでも取ろうかな。
そういえば、最近美術館に行っていないので(来週プラド展に行く予定)人気の無い平日の雨の美術館で一人過ごす、なんていいかも・・・。

慎重にしてるので身近な人も心配しないでね。
晴れ間とともに回復するでしょうo(^-^)o
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
イラストギャラリーもご覧くださいね。
「アトリエつくっく」
http://tsukunet.net

こちらのブログでは、プライベート・美術館や街カフェ、
うちカフェなどの記事を書いています。
「二子玉川幸せいき切符☆」
http://ameblo.jp/museumcafe/

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

| ●【日々】思うこと | 22:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

和田さんのおかげで・・・

ワールドカップにすっかり隠れた感のある、和田義彦氏。
スギ氏の作品を模倣した方ですね。
あれを盗作といわずして何を?と、彼の作品について盗作か如何は問うまでも無いと思いますが、
「好きで描くのはいいけど、賞に出すのはねぇ~」と父などと話していました。

で、昨日無事ペーターズギャラリーコンペに作品を送付してきました!

・・・和田さんのおかげで大変だったよ。
・・・和田さんのおかげで間違いをせずにすんだよ。

と、いうのも、作品は先々週には3点仕上がっており、もう送るだけ楽勝♪と思っていたのですが、先週木曜に仕事をしている最中に、和田氏の件を考えていて気づいたのです。
と、いうのも、3点中2点が雑誌やカタログの写真を基にしているものだったのですよ~。

もちろん、イラストタッチに起しているのですが、ある程度写実的であり、構図なども写真の通り。構図や設定にはカメラマンの創作性がからみますよね。ポーズや、小物などを写真から参考にするのは構わないようなのですが。
和田氏のニュースはずっと前なのに締め切り間際になって、気づくなんて。落ちる分には全く関係ないしとも思いましたが、出すからにはそういう心構えじゃ駄目だと思い直し、英検を控えてたり、忙しかったのですが、1点のみの応募も苦しいので、時間を作って全く新しい作品を描き起こしました。

それは、和室に二人の人がいる絵です。和のインテリアの本から、インテリアに何を置くかも考え、父にポーズを取ってもらったり、色々な資料を見たり。そして描きながら色々矛盾点が出てきてしまいました。甚平の男性に対し、冬発行の雑誌を参考に女性を描いたので、服の季節感がおかしい。「きっと初秋だから;」と自分をごまかしていたけど、椿(あるいは山茶花)に色を塗った直後に、「椿は冬だ・・」と気づいたり。影のつけ方も難しく曖昧に。写真を写している分にはその辺は考えなくて済むものですね。

盗作ってどこからどうなのか、と言うのも確固としているのではないようですね。
調べてみると難しいですが著作権のことをちゃんと知らなくてはと思いました。

★ブログランキング ↓応援してね★
人気blogランキングへ
 
★ホームページギャラリーにも遊びに来てくださいね★
mybn-kuma.gifつくね+美術館
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
イラストギャラリーもご覧くださいね。
「アトリエつくっく」
http://tsukunet.net

こちらのブログでは、プライベート・美術館や街カフェ、
うちカフェなどの記事を書いています。
「二子玉川幸せいき切符☆」
http://ameblo.jp/museumcafe/

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

| 最新 | 22:57 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「わたしと机とものづくり」

Atlier-アトリエ、って甘美な響きですよね?アトリエとまではいかないまでも、作家さんの作業場を見るのが大好きです。画材や材料が取りやすくかつ整理してあって、かつかわいい様子だったり、男性のクールで整然とした机に恐竜がちょこんと載っていたり・・・机周りって作家の個性が溢れているんですよね。
わたしと机とものづくりわたしと机とものづくり
倉島 理恵 安部 まゆみ

岳陽舎 2005-07
売り上げランキング : 33867

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「私と机とものづくり」は、フードクリエーター、イラストレータ、スタイリストなど、いろんな分野のクリエーターの机などふんだんな写真やその方の仕事の経緯などの記事で構成された本。イラストレーターは森本美由紀さんとコロボックルさん、網中いづるさんが紹介されていました。

この本の中でも、一点の写真にすごく引きつけられました。
網中いづるさんが、ダイニングで作品制作をしている写真。
深みのある焦げ茶色の広いダイニングテーブル、これもいい感じの焦げ茶色の、奥の壁一面が書棚になっています。棚の手前には目のくりっとした一歳の息子さんがおもちゃをかじりながら、制作に集中した表情の網中さんを見つめているのです。

このインテリアも素敵だし、子供をそばに感じながら仕事をしている光景にとても憧れられて、自分の机の前にその写真のコピーを貼って、イメージングに役立てています。

★ブログランキング ↓応援してちょ★
人気blogランキングへ
 
★ホームページギャラリーにも遊びに来てくださいね★
mybn-kuma.gifつくね+美術館
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
イラストギャラリーもご覧くださいね。
「アトリエつくっく」
http://tsukunet.net

こちらのブログでは、プライベート・美術館や街カフェ、
うちカフェなどの記事を書いています。
「二子玉川幸せいき切符☆」
http://ameblo.jp/museumcafe/

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

| ├【日々】プラスの言葉・絵の本 | 07:02 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フランス行きた~い!

フランス行きたい!パリ!
昨秋話があったのですが流れてしまって、ますます行きたい気持ちでいっぱいです。
観光名所をめぐるより、蚤の市とか、雑貨屋などのお店を住民のように巡りたい。ルーブルやオルセーなど美術館ももちろん行きたいけど!6日とかだと実質3日くらいしかないので、8日プランで実質5日くらい行きたい。今この時期が暇なので、来年のこの時期とかに思い切って有休5日くらいとれないかなぁ・・・。スケッチもしてみたい。周りも社会人や結婚していたりで予定の合う人もなかなかいませんが、行ける時に行かないと一生チャンスを逃しそうなので、一人でも考えています。ただ一人はかなり割高なのがネック(もちろんやや怖いし)。

これを見ている知り合いで、フランスに興味のある人いたら、ちょっと声を掛けてくれると嬉しいです(^▽^;)

語学はあまり得意でないのですが、英語と仏語の勉強を独学でこつこつ続けてます。
モチベーションがあるのって違いますね。
大学時代第二外国語・仏語だったくせに、卒業時点で疑問文も作れなかったモノ・・。

気候のよい秋に河口湖旅しようと思っています。昨年の安曇野と同じく美術館とスケッチ目的。
「猫のダヤン」の木の花美術館や中原淳一美術館など美術館も色々豊富そうです。

11月に上海に社員旅行。中国が初めてで本場の料理は本当に美味しいというので楽しみ。
社員と一緒ですが、外国の人と話したり、スケッチしたりという時間も作り出したいな。

★ブログランキング ↓応援してね★
人気blogランキングへ
 
★ホームページギャラリーにも遊びに来てくださいね★
mybn-kuma.gifつくね+美術館
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
イラストギャラリーもご覧くださいね。
「アトリエつくっく」
http://tsukunet.net

こちらのブログでは、プライベート・美術館や街カフェ、
うちカフェなどの記事を書いています。
「二子玉川幸せいき切符☆」
http://ameblo.jp/museumcafe/

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

| ●【日々】思うこと | 17:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。